本文へスキップ

フットサルは誰でも気軽に楽しめるスポーツです。


ソサイチsociety


■ソサイチってなに?



ソサイチとは『7人制のフットサル』のことです。語源は「society(ソサエティ)」からきており、ポルトガル語で「社交」という意味を持っています。

ブラジル発祥のソサイチは気軽に誰とでも楽しめ、ボールを蹴ることを通じて仲間を育むことから生まれたスポーツとも言われています。

フットサルの戦術的でテクニカルな部分とサッカーのシステマチックな部分とがうまく融合した魅力的なスポーツです。
また所属人数が多いチームはこれまでのフットサル大会ではひとり当たりの出場時間が限られ、満足できないといったこともあったと思います。ソサイチならそんな問題も解決してくれます。


■Jointのソサイチ

ルールや詳細につきましては公式のガイドラインもありますが、
開催会場やカテゴリーに合ったもの(コートの広さや、オフサイドの有り・無しなど)を採用しています。

会場や施設、大会によって独自のルールで楽しめるのもソサイチの魅力ですので、
みなさんがより楽しめるようなルール整備を行っていきます。



■ソサイチのルール

ソサイチのルールをフットサルとの違いと比較しながら簡単に説明していきます。
※ここであげたルールはJointで採用しているものであり、公式のルールとは若干異なる部分があります。





■ソサイチの楽しみ方

ソサイチにはいろいろな楽しみ方があります。

例えば・・・

まずフットサルよりもコートが広いので(約3倍)ロングボールを蹴れる!
サッカーでは「サイドチェンジが得意だった」という方も、「前線にドカーンとフィードしてみたい」という方も
ソサイチなら出来ます!
ということは必然的にフットサルよりも空中戦が増えてきます。フットサルではあまり見ないヘディングでの
シュートなど、セットプレーに磨きをかけるのもいいかもしれません。

フォーメーションを敷く!
フットサルにも「ボックス」や「ダイヤ」といった形はありますが、基本的には全員で攻撃して全員で守備をする
ので、フォーメーションを敷くという感じではありません。
しかしソサイチならDF、MF、FWにポジションと役割を分担してフォーメーションを敷くことができます。

(例)


ソサイチはまだシステムの参考や教本があるわけではなく、誰も確立していない分野ですので
それぞれのチームで考えてやるのも面白いかもしれません。

そのほかにもソサイチならではの楽しさをみなさんで見つけていってください。



■ピッチサイズ

※開催会場によってはピッチサイズが異なる場合があります。